読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tzmooguidaz

よわみの掃き溜め。

昨日はエイプリルフールでしたね

エイプリルフールネタは

散々出会いサイトでやったから

もういいです。

 

焼き直しとか

外様ネタとか

かましたくなるから

「継続してる方がえらい!」

みたいなのなくなりゃいい。

 

てかなんだこの記事。

変な強調混じってる。

寒いテキストサイトそのものだ。

 

そういや手書きの日記も、

感想とか随想も含めるのが

できるときとできないときあるし

振られたのも

地味にショックみたいで

空欄の数が1,2個じゃ済まない。

 

まあブログしてたらそーなるわ

だけど

このままで卒デジできんのか。

 

できなくてもしよう。

 

Dualkeyさんの歌が聴けなくなっても

体のためのことなんだし

 

そーいや隠れ(られてない)家から

父を遠ざけて、

同時に遠視矯正始めたんだけど

結果として

「眩しい」がなくなった。すげ。

 

主治医には

「一番しっかりしてる」

とされる辞書

(オカルトでいう人格状態).が、

こんな、

対応中は想起できない出来事の存在

を含めた不調を報告。

 

はてさて、どーやって

指導にコミットするもんかな。

 

子供のころ世話になった

理容室のお嬢姉ちゃんに会った。

別れ際の一言で誰か判ったもんで

対応がぞんざいになってしまった

 

まだまだ、

ずっとあなたはお姉ちゃんですよ、

お姉ちゃん。

 

筆者、

「お姉様〜」ってなりやすいのかな

 

近況はこんなもん。

 

先輩の異動がちょっぴりショック。

変わらないらしいけどね、

今のところはw

 

それと、

まー、

そろそろ本気でスタンダロンせんと

そんなもんにコンプレックスないし

 

パソコンは

処理の道具なんですのよ???

(あはん的な意味ではない)

 

だので、

職人ENTP、

そろそろ本気で制作に入って参る。

 

大概安定した。

あとは身体のコントロール

 

でも大前提安全。

それと生活における裏方。

技能としては問題ないけど、

まだ板についてない。

 

だけど、

制作に入って参りたいので、

現実的に段階くらいは

 

……示したわ。

記憶飛んでるわ。

段階メモどこいったんや……?

 

まあいいや。

ここに書いて、気力があったら

夜明けと同時に照合しよう

 

管理表請求・検査結果受領

安全確保

社会保障獲得・家内労働修得

制作・リハビリ

就(労)活 ※資格取得を含む

発表体勢整備・就労

発表

 

なはず。

第二ステップと第一ステップ、

並行してこの先行き険しさ。

 

今はとにかく、

コミュニケーションを

してる場合じゃない。

 

ハグだけでいいというか、

ハグだけにして。

それか時間割決めよう。

わかんなくなった、手帳はどこだ?

 

あと、そう。コミュニケーション。

大事なのが、

「言いたい」「言いたくない」

「自白強要」「言った方がいい」

を、分けるトレーニング。

 

バカにとってはつけ込みやすい

そんな条件揃ってるから

いつも大変なんやで。

 

ワイやさしくて周囲がDQNやから

捜査でけへんし、

バカの犯したモン勝ちになってるわ

通報義務妨害しやがって、共犯やぞ

性暴力救援センターSACHICO。

 

直してこうな。

改善しよう。

な。

 

お陰で

筆者の対真人間メンズ評価

クソ低い。

 

常な最善手である筆者、

毎日ガッデム言ってる。

 

理解したくないとまで言われる

 

うるせーノンリテ温室ヤロー

 

何書いても

一定の共感が得られるので、

吐き出した実感がすごい。

出会わなくても楽しめるなー

出会いサイト。

 

ちなみに使ってるのはPCMAX。

 

同じノリかと思って

ハッピーメール登録したけど、

あれは10年前の中高生を狙ったな

(アバターの感じがさ)

 

サイトレイアウトの関係もあって、

書き散らすなら

ハピメは違うと思いました。

 

まあ出会いサイト

全般に言えそうだけど、

趣味の一環で賢ぶっても、

FBみたいに、

「往来の空気を読め」って

言い出すキョロ充が暴動起こさない

 

アフィってどうなん?

結局嫌悪感どれくらい?

 

はてブでアフィるっていうのが

もはや四月バカ染みてるから、

この際、昔の話吐き出しとこう。

 

 

 

なんだよ往来の空気って。

御堂筋口の廃棄ガスか?

納得できるツラ下げてんじゃねぇ。

 

あと、

顔の見えないコミュニケーションで

空気って言い出す奴もなんか……。

 

声だけで読めるのは

相当つもり交じってる。

だってみんな目が死んでるタイプの

ジョークのレベルを超えた連中

だったから。

 

「あっ、こいつら

こんなことで悩んでら」ってのに、

構図で解決法のヒントを示して、

気付いて辿り着きゃ自信になろーし

それで身にならなくても

責任はとらんでいーし

 

そんな風に

教訓話を打つこともあった。

 

「俺は俺に決まってんだから!」

って、年下のデートレイプ未遂に

切れられたこともあったな。

行為そのものは否定すんな。

そして不一致があったら、

「えらそーに言った割w」

くらいにしとけ。

 

ま、そいつ煽られ耐性が

本当のゼロで、

お陰でこっちまで

軽口叩けなくなったわ

 

そりゃあお前、

法学落ちててよかったと思うわ

 

まあ、確かに筆者口が悪いんで、

草生やすために何でも言ったよ。

ロリコン社畜キャラに向けて、

「真面目な仕事してるんだよね!」

ってURL貼ったくらい。

 

それで「傷付くから……」言われた

 

なんだったの。

スカイプPBCの中の人ルーム、

魔窟すぎる。

 

お前らロール書け。

情報がどんだけ省略されてるか

自覚できっから。

 

だからまあ、

元々女の子も苦手だったし、

糖質も起こしたしで

そのコミュニティにはいられないし

イタチの最後っ屁かまして、

謝ってみよっかなーと思ったら

サーバーごとブログ消えた。

 

まあ、よかったわ。

 

今度当時のHPにでも

リンク貼っちゃろ。

 

あと、「ラノベじゃないから」って

口を酸っぱくして言われても……。

「から何か」言ってください……。

あなたに合わせて

相当試行錯誤しましたよ。

 

ていうか、だったら

コミュニケーションを取れ。

そして

コミュニケーションツールなら、

「シナリオにして同人作品!」

なんてプロジェクトで釣るな。

 

てめーらのことだぞてめーら。

そりゃワイも

「KAGさわれますし、

シナリオも書けますし、

ミキシングもできますから」って

書いた企画書投げっぱにする。

 

音源返せコラ。

これだから

マチュア意識もない連中は。

 

あとボイスコ界隈の

漫画の一コマ切り抜き会話も、

著作物に関わりたい人間が

小学校中学年レベルの

違法行為すんなって殺意沸いた。

 

あれだけ罵りたい気持ちは、

殺意と同質のものに、

まず間違いなかった。

 

きーてますか、

聞こえないとこにいるんですがね

 

そんな連中が

ウェイウェイ言ってる中、

筆者はスカイプ会議を

草で埋めるのが得意でした。

 

おあいそだろーがなんだろーが

事実なんでね。

 

まあ、個チャ愚痴も

そのぶんはやってた。

 

でも、聞いてやりもした。

それで、

破局前のカップルを

繋ごうとしたら、

男の方にしつこく

ホントしつこく言い寄られ、

こっちも幼少時からの

調教ある体質だから、やめろ、が

 

通用しねえ。

そりゃあお前、

法学落ちててよかったと思うわ。

 

慶應アンサンブルファミーユは

未だにフォローしている。

二年次に辞めたらしいが、

方言も許容できない日本人街者が

その後いったい

日本のどこで生きてるんだろう。

 

精神病院怖かった、

とか言い出したし、

死んでるんだろうな。

偏見は自分も殺すよーってとこだ。

 

ま、温室バカにゃ分からんでいい。

戦争したい側も

平和ボケしてんのと、まあ変わらん

カテゴリとかいうクソったれた風潮

今さら

ってンじゃねェーよ


の感はある。


僕ん中ではアートはロックでKICK THE CAN CREWもアートでロックだからまずはテメーらの中に染み付いた、理解の助けにならないカテゴライズは放り出せ。

そしてKICKを聴くところから始めろ。

KICKを聴くくらいのRhyme

まさにひとえにかなりinnocentive

つまり単純明快な線引き

暗いCryプライドを捨て去れーいぇー


共通点を見出して、その共通点を述べることまでが「概括化」とか言い出したら人類の知性は全部無駄なことになるんだけど、実際無駄かも知んないからそんなこたあどうだっていーや。


あんまり知性とかついてなさそーな子が賢く幸せに生きてんのを見てるとそんな気がしてくる。


それまでになかったイノベーションでムービングなサムシングがつまりそいつらなんだと思う。日本語で言え。


でも、結局日本語じゃ対応しきれないんだよな。

漢語にしたらそこそこ伝わるんだけど、やまとことば使えない人間がクビになる国。

小学校でさえそんなこと教わらなかったのになあ。

そんなのコモンセンスじゃない。

コモンセンスという、つまり共通認識という言葉を日本人は持て余した。だからJoshiklって言うんだろう、きっと。


それでアートやロックやキックは遊びみたいに言われんのかな。でも遊んでちゃいかんのか?

真剣に遊ぶことの、一体何がいけないんだ。

虐待者に逆恨みされて潰されるほどのことか?

金貯めて専門学校いけや、テメーも。


閑話休題

アートやロックやキックは僕ん中のそれだ。


ってのは全部安パイじゃない。

安パイじゃないから、当時被虐待児だった僕が若者らしく夢を持って生きてくには欠かせない糧だった。


冒険でしょでしょ?みたいなもんだ。


同時に孤独からの救済も必要だった。

だからポルノグラフィティCHARCOAL FILTERみたいな、「どん底向けロック」を愛聴した。


だからきっと、僕の中では、日本でロックするのは安パイなのかもしれない。


はじけようイェーってとこだ。


大人の嗜みが何とかだ。

ハートのハリボテや名誉学位、クズ野郎の勲章なんかどれもいらない。

だけど、愛が、愛ってことにしてくれ恩義への思い出とも呼ぶべき情緒的結びつきを象徴する何とやらだなんて、今は言いたくない。

それがたっぷり詰まりすぎて、基本的に入門者向けじゃない表現になりがちんだよなあ。

大人の嗜みだ……。


とにかく


ゴタクはいらねぇ!


ってやつなんだ。

けど、ゴタクもなくてハートだけを伝えるってのが、そもそもハートのあんまり入ってない僕には難しい。


そもそもハートってのに、善意や、仮定した正義へ誘導しようとする悪意が含まれないのか、って言ったらあーもぉこの時点でめんどくせぇなこの話。


スーパーオリジナルがさ、共生すんのにさ、何がいると思う?


それがハートでリスペクトなんだと思うんだよ。くらっぴょへーんず


ところでなんか何だかんだと、ラッパーは歌ったっていーことが忘れられがちなのが気に入らないし、なんならそれまでラッパーは歌ってこなかったし、そもそもRAPやHIP-HOPをテメーら何だと思ってんの?

教えて俺に。


言ってねーことに真意があってさ、それだっていーだろ。


俺はわかるよ。よーくわかる。

だから俺らソウルメイツだろウェーイ


そんで、音楽じゃないってことの、何がそんなにいけないのか、カラオケで入れたっていいんじゃねーの、俺に言わせりゃカラオケが歌じゃねーよ楽しけりゃいンだよタコかよテメーら


タコかよテメーって、むかし性病男に振られてから口癖になってっけど真意なんざ言わせんなよ、恥ずかしい


そりゃ傷つくよな、タコかよテメーって言われたら傷つくわな


ちなみにクソガキじゃねーんだからってのは「社会に出て働いているもの同士のコモンセンス大事にしてこーぜ」ってことだったらしい。


自分なりにしか解釈できねー


あー、ロックだなんだっつってる奴が一番ロックじゃねーよ。


って、たまに俺ぁ思う。


何だろう、俺のロックがおかしい。

Hurra Torpedoマジでロックだから。

なんだろう。何が違うんだろう。


やばい、考えたら心が折れる



気にかけてくれてた、四大の先輩のS藤さん元気かな。

ご無沙汰してます。

僕は未だに恋愛どころじゃありません。

たぶん一生。春に会いましょう。


精彩を欠いてるとか言った奴出てこい。


好きなこというためだけに出会い系サイト使ってる

わたしは万人向けには日記記事を書いていないので、
あまり多くの人の目に触れると、
恥ずかしさでいたたまれなくなります。

削除するわけにもいかず、
アニメの話もできないようで萎縮します。

お茶を濁し続けるにも、
言語的な構造の限界というものがあるのです。

前回の記事といい、
オタク文化というものといい、
その暴力的性質が大衆に好まれる傾向には
辟易・閉口と言わざるをえません。

ここで、「けものフレンズ」に
手をつけられなかったことが悔やまれて仕方ありません。

文化的な成熟というのは、前衛的であることが好まれますが
それは同時に概念定義や様式の固定化から先鋭化し、
同時に先細りして分布的荒廃を招きます。

それは個人のこだわりにしても同じことで、
そうした人物が物語で敵役として描かれることもあります。

破滅へと進む少女の視点で歌われたアニメソングもあります。
曲中では主人公はぬくもりの中に帰っていきますが、
『強さの証明のため』、
つまり、美学を謡って同じ轍を踏むこともあるでしょう。

しかし、命あっての物種ということ。

外部サイトで「けものフレンズ」の
スポイラーを目にしてしまい、
ついにスポイラー関連情報を漁ってしまいまして、
後悔はしているのですが、
評判を目にした当時、慣れ始めたところであった、
「子ども語彙表現(英語表現に近い状態を再現したものです)」
と重なるところがあり、
そのときから気になって仕方がないのです。

人気になるコンテンツとして相応しい、
素晴らしいものがあるのではないか、と。

さて、どうやって視聴したものか。
金欠ですし。
今度からはちゃんとテレビを見なくては。

どうせiPhoneも老朽化しており、
キャリア解約も考えている中では
電子端末の乱用もできなくなってきたところ。

友人には(ネットカフェから)あらかじめ伝えた
フリーメールで連絡してもよさそうですが。

そういえば、
とあるインターネット投稿によると、
スポイラー回避のためにネットをやめると、
目覚ましいデジタルデトックス効果があった
ということで、いい話と思います。

あまり電子媒体に触れすぎると、
全能感とでも呼ぶべきものが加速して、
収集もつかなくなりますから、

時代の流れにあえて遡行(遡及効はそきゅうこうなので、そこうです)
しなくてはならないと思うのです。

すでにオーバーテクノロジーの域に入った電脳世界は、
さながらSFでいうところの
サイバーパンクそのもの。

士郎正宗氏の描く、
『義脳化』で以て対応する状況が現実的にさえ思います。

というのも、自分の電脳耐用年数が
たった15年だったということがあります。

それで、こうして自分の言葉を翻訳する必要が現れるのです。

世の人はオーバーオートメーションに耐えられるつもりでしょうが、
エンドユーザーとしての利用範囲での話に尽きます。

少しでもシステムのことに触れながら
OAも並行していれば、
体の方が持たない人も現れます。
開発に携わる人の窮状が偲ばれることでしょう。

公私ともに利用する状況は避けてほしいものです。

それを言えば、身内の話ですが、
母は頑丈だと思います。

Basic言語以前、ロール紙時代のキーパンチャーが、
SEとして活躍して、現代を生きているわけですから。

そういえば、秘書業務もしたり、
どの分野でだか後進の指導にも携わったり、
最終的には公民館の管理指導員ですから。
(そういえば通信で大学にも通いつつです)

非常勤で、良いと言ってはならない待遇の中、
企画営業・司会・受付、そして利用監督をしています。

正直、怪物級の人間です。
それと同時に、立派だと思います。

真似ようとして敵う相手ではなかった。

母は強い。

システム開発を経たからか、
『日経PC』誌の応募企画で、
彼の孫正義賞を受賞したこともあるとかで。

わたしは狐ですが、
虎たる母を褒め称えよ、といったところ。

ところが父ときたら、
わたしが子どもの頃は
母が当時高卒だということで矮小化して、
だけれど高給取りはもっと働け、と言っていたものでした。

それを言ったら、
わたしも母に妙な言いがかりをつけては
いびってしまうというか、
たぶん脳の構造がお互い圧倒的に違う故のこと、
あるいは「同じだから噛み合わない」のか……。
会話があまり成り立ちません。

まあ、その中でも生きておられる方です。

そんなさまは、母の超個性でいいのです。

「わーい、たんのしー!」と言っていればいいのです。

わたしは子どもの頃、
塗り絵や切り紙、パズルやビーズ細工に親しんだ口ですし。

母は空間認識能力も使いこなしているのか、
洋裁と折り紙を交互にこなします。
すごい……。

楽器もできますし……。

混乱してしまうほど多才なのです。

わたしはといえば、
本来はPCが触れなくても、
DTPの領域に立ち入れなくても、
元々ゴルフクラブ職人をしていた
父方の伯父の影響もあって、
製図工作のほうに造詣がありましたから、
純職人的作業にも抵抗がなく、
レタリングも苦痛ではないし、
画材や素材を買い揃えればまだ望みがある。

本当にデジタルから解き放たれたい立場です。

父もペン字を改めて指導してくれましたし、
母は「一筆書く」といえば、
署名するだけではなく書輪箋を使うことと、
社会に出る前には教えてくれましたし、
わたしはある程度
手書きで書類を作れる状況にもあります。

電卓の操作だけはどうしても苦手ではあるのですが、
一応……生保の営業研修一次試験は、
一点しか落とさなくて済みました。
診断書と診査報状の脳内取り違えという、
ちょっと頭のおかしいミスの方なので、
安心してください。電卓ではありませんよ。

ええ、Word操作で
本の装丁を真似るのが趣味の中学生でした。
そうしてできるつもりでも、
今は「できます!」とは言えない。

Excelもリファレンスさえあれば、不安はありません。
ただマクロVBAはどうしても気力的に勉強できず、
記録を利用するに留めています。

趣味でだってそういえば、
HTML5は手つかず。
XMLで諦めていますから。
CSSも、統合失調症の勢いで初めて理解したくらいで
怖くて反芻していません。

できるといえばKAG。

とすれば活用にはシナリオが必要です。
精神的に持ちそうなものではありませんが。

というのも、イメージの湧くのが
そもそも苦痛となってきたからです。

構成と設計段階までで自制がきけば、
あるいはいけそうなものですが、
臨場感というものに盲目的になって
自ら呑まれ、読者の視点に辿りつけないのです。

要は視覚的なことに留めるべきなのでしょう。
「なんとなくハンドメイド」ではないのです。
ここまでの経緯があっての「手工芸をしたい」なのです。
手工業となると、体力的に「まだ通えない」し
「コミュニケーションにも問題がある」ので。

あと、教師を勧められることもありますが、無理です。
生徒のケアワーカーとしては、働けません。
「元被虐待児が仲間を見捨てるのか」
というお声いただきますが、
じゃああなたも頑張ってください。
まずはわたしへのセカンドレイプをやめてから。
といったところです。

大学教授ならその辺は業務外とはっきり言えますし、
体力さえ回復した暁にはと思いますが、学資がない。

実績とコネクションを積んで
客員として招かれるしか道はない。

だから、芸事と手先のことに集中しています。
性格類型がENTPですが、酷評の割に安心です。

これらのことは、小学生の頃から徐々に察していて
だからこそメスを入れるべき認識でもありましょうが

タレント議員というロールモデルを選びました。
カリスマ美容師のタレント性も参考に。
ただ、カリスマ性というと、はっきり言って足りません。

正攻法でがんばる力はありません。
体力にしても学習環境にしても、
当時の生活の延長で生きていくわけですから。

だから、趣味ということでカモフラージュしていました。
というか趣味なのですが、
だとしたらなぜ「好きなことをしたい」とキレてまで
今の業種なのかなという問題があります。
趣味で生活するのに勝算はあるのか?

ともあれ、訓練を積もうにも、
引きこもっていてはスポンサーの理解が得られませんでした。
それとて外に出れば、
遊び歩いていると誤解されました。

正確に伝えることができなかったから。
あるいは全容を話してはいなかったから。

それと、虐待の加害者がね、
文字通りわたしのことを社会的に抹殺したのでね
危険だから名前変えますし、
裁判所も「法律上無理だけど」とは言いつつ助言くれましたし

ああ、なんて卑劣!

あのジオン軍オタクにも、人の心さえあれば、
選民思想なんて現実世界に持ち込まなかったのに。

オタクだって人でいなくちゃ。
生きていなくちゃ。

だから、本家本元「猫御宅」くらいだって十分です。

骨董でもしましょうよ、みなさん。ねえ?

続きを読む

とても省エネで過ごせました。


食事するのはあんまり好きではなくて

元々団らんのない家庭で、
量や早さを競うように食べさせられていたので、
自分に合う食べ物というのも、
最近になって、メンタルをひどく壊すまで
分かりませんでした。

食べていいものより、
食べたいものから、
それも脳より体の欲しているものを選ぶと、
自然と食事量が適正になって、
ダイエットに成功しました。

だから省エネでもだいじょうぶ。

今日は体調が悪かったので、
結構粗食になってしまいましたが。

声は、ほんとうは小さいです
亡き祖父の耳に合わせて、
訓練したまま、
毎日頭をキンキンさせて話してきました。

目も、ほんとうはよくありません。
うんと小さいときに、
急にピントが合わなくなって、
驚いていると、
「どうしたの、『チンと目』なんてして」と
祖母が言うのを、うまく意味どれなくて
ピントを合わせないとと、
強迫観念に駆られていました。

意識したらぼかせるのではなく、
意識しないと
目を休めることができませんでした。

眼精疲労が酷くなったお陰で、
本来の視力で過ごせるようになりました。

それと、言葉ですが、
実は発達の具合がよろしくありません。

小学生の時から、
流麗な言葉が好きでした。

けど、周囲の児童が、年相応の表現をしているのが
なんだか許せなくて、
自分は言葉を尽くそうとがんばるのだけれど、
いつも最後まで作文を仕上げられませんでした。

だから、自分の気持ちの出力回路が
すごく弱いというか、未熟です。

物語や演芸の登場人物から、
日常の言葉というものを吸収しています。

たぶん、大阪弁になると、
コテコテだったり辛辣だったり、
あらゆる意味で「キツイ」のは、
服部平次のおかげです。

それと、次兄に付き合って、
漫才や、新喜劇ネタの
暗唱相手をしていたからでもあります。

代わりに英語ですと、
自己表現を用いて訓練をしていますので、
どちらかというと第一言語としては
英語の方がそれに近い可能性があります。

こういう表現も、
普通の方がされているのを見る分には
きっと別の感想を抱くのでしょうが、
自分で書いていると、
無味乾燥で稚拙な言葉遣いに思えます。

ついつい難しい表現をしてしまうのは、
そのせいです。

小学生のころのおもいで

少しあっても、
酷いことをしてしまった覚えばかりです

だから、そういう自分もいやでした。

ただそれだけ
たったそれだけで

わたし、
なんでヒーローになんかなろうとしたのかな

いじめに遭っていて、
それを言ってみたら、
すごく担任に気に入られて

なんだか、そういうことばかりしているの

変でしょう、変よね

それと、なんだか、
元々なんだけれど、
何か考えたり、人と話したりしているよりは

歌を歌ったり
絵を描いたり

している方が好き

だから、あんまり、ほんとうは
世の中のことには関心がなくて

というより、きっと元々
そういう世界を選んでられない体質なの

でも、小学生ながらに
社民の土井さんとか、好きだって言っとくと
賢ぶれる気がしたの

それで、保護を受けてから復学すると

ちょうど公民の授業に移っていて
子どもの権利条約、なの

でも、あれあれ

高校生のとき、作文能力は
これくらいだったんではないかな

中学生の時に、若気の至りを起こしたのと

文学科に入って、韻律を吸収してしまったのと

なんだかんだで、読みやすさを漢かな遣いに求めて

短大では専門のレポートばかり書いていて

でも、どの期間でも
個人的にノートに作文したり、
課題でビジネス文書作ったり、
プレゼン資料作ったりは、
うん、していたから

テキストサイトのノリとか、
だめとは、
小学生にはわからないよね

こっぴどく叱られたけど



(これくらい文体の操作が利くの)だから、つまり
口述のセンスがないみたい

だから、、、

ここから先は、リアルの知り合いだけ

ないしょなの。

ないしょ。

IQ高かったらどうしよう

いや、本気で怖い。

うれしいかな、と一瞬思ったけど、別に働き口が提供されたり、

周りが会話のレベルを合わせてくれたりするわけじゃない。

 

Facebookに大好きなお兄さん? お父さん? がいるけれど、

遠方の住まいで会ったことがないし、ほら年齢も知らないし、

こんな人間の愚痴はあんまり聞けなくて、

知的かつ人間性的な刺激を求めるタイプの人だから、

苦痛を与えはしないだろうかと心配だ。

 

IQ診断系のクイズ番組にも夢を見ることができなくなるし、

別に120超えてたからって、

東大に行けるほどの努力は(金銭的事情から)できない。

 

それに、今更編入したって、

一体どこの研究室が採ってくれるんだろう。

 

というのも、解離性同一性障害の検査の一環で

WAIS(バージョンは失念)を受ける機会があったからで

 

なんか、「できねー!」って感覚が掴めなかったのだ。

学校のテストとかでいう、

「うわっ、思い出せない! サボったせいだ!」が

WAISだと

「おっしーなぁ!

 わぁ、できるひともいるんだー! すごーい!」だったというか

 

とはいえ、筆者の自我、

小指の先の爪の垢を煎じたくらいしかない

という解釈でほぼ間違いないという

 

確定診断ではないにしても、

おいおい、それじゃあ一体、

どうやってこの先の意思決定をすればいいというんだ。

 

一般の就労はとてもできない体だし、

そもそも高IQっぽい、と「脅かされて」いる状況では、

「もし体力が回復しても職場に馴染めないかもしれない」

「コミュニケーションに精神力のリソースをフル活用してしまい、

 パフォーマンスを上げることができないのではないか」

「そうまでしても、日ごろから、

 低IQを自認する連中に合わせすぎては、

 結局『発達障害だ』『精神障害だ』と突っ込まれ、性暴力に遭っている。

 そういった人間の方が、標準IQの人より素直そうだから

 いつも騙されるというか、たぶん相手には悪気や善悪の判断力すらない」

「コミュニケーションを売りにする商売では、

 どうしてもアルコールやカフェインを避けることができないし、

 結局のところ体力勝負になる。

 解離失立の回復に成功してからのこととはいえ、身の危険に代わりはない」

「傾聴員研修だなんて、

 自我が成長をやめたほどの時期からのトラウマ持ちにはとんでもない!」

 

……ふー、……ふー。

 

気を取り直したわけじゃないどころか、

こっから先はずぶずぶ行く前に書いてるんだけれども、

まあ、女のくせにDV男の気持ちわかるんだもんなあ

理解の程度は分からないけど。

 

そして、解離した勢いで、

せっかくここに載せて遊ぶつもりで書いたレポートもどき、

うっかり出会い系サイトに投稿してしまった。

 

なんだあそこ、

極端な軍国キャラ付けしとけばインテリ女、みたいな風潮あるぞ

 

まあ、筆者も「頭良すぎておかしくなった」と

度々近所のじーさんばーさんに評されるクチだから、

あんまり人のことを言ってはいけないのかもしれないが。

 

その、なんだろう。

偏差値低めの人たちに交じっていると、

中には本当に「低(義務教育修了レベルではなさ)そう」な人もいるが、

興味や家庭方針の方向性が学校の勉強ではなかっただけで、

叡智聡(珍しく英語より先に漢字が浮かんだので褒めろ)には富んだ人が多い。

 

それが、見えない人というのは一定以上いて、

 

要は

「勉強にしか自信がないが、学歴にプライドがある」という人が

すごく面倒なのだ。

 

これは裏返しに、筆者の学歴コンプレックスでもある。

いいとこの大学というか、親の希望する大学を出てあげて、

その代わりに、

それをカサに着て社会人デビューをしたかった。

そんなことができる健康状態や、それに応じた学習環境は

残念なことに整備されなかった。

 

療養浪人も許されず、

試験勉強皆無で入った大学(近畿大学だぞ!どうだ!)も、

療養どころか、約束のあった下宿住まいを反故にされて

体力が続かず、というか、単位の取り方の要領も掴めずに辞めた。

(ああ、今だって安全のための転居を渋られているし)

 

今でも単位を取るとか、スケジュールを管理するとかは

ものすごく苦手なんだけれど、

「自分の体力が、唯一精神安定剤の副作用によって増強されていた」

なんて思春期を過ごした人間には、

服薬状況が変わった今、

体力という資源の管理からしてそうそう簡単にはできない。

 

ただ、冷静だし、

大学という教育機関が、

「学を高め、深めるためでなく、

 大卒資格を得るためのところだ」

とも理解したから、今から体力が戻るなら大卒は取りたい。

その資格の使い道は、ない。

 

(ちなみに通信の短大部に編入して、

 空前絶後・超絶怒濤のナンパ・セクハラ・性犯罪ラッシュに遭ったため

 学生の質として近畿大学はないなぁと思っている。

 別に出会いの場になっちゃえば、

「学びたいものに学ばせる」が叶ってないし、魅力はない。

 無試験なら面接くらいはすればいいのになあ)

 

 

「何年かかってもいいし、下宿に住まってもいいし」

っていう状況だったなら、

もう少し真剣に履修登録をしたかな。

 

まあ、文壇分析を虚学って言ってる時点で

あの人たちは出版社の思惑に踊らされているんではないかと

今なら言える。

文学って出版マーケティングだと思う。

 

その前は、自分の得意領域を伸ばしたかった。

その方が職業生活が楽しくなると思った。

けれど、専門学校はやめてくれ! って、

なぜかスポンサーにしつこく言われたので、

それは諦めないと仕方ないと思った。

 

そうでもなければ、ネットマーケティング

奈須きのこ先生的な、ろじぱらワタナベ氏的な

そういう文筆や同人デビューもしたかった。

「何でネットなん? ヘタレなん?」と当時の友人に言われ、

営業力を高めようとがんばってはきた。いる。

制作をさせてくれたのむ。

 

その前なら、うん、

ひそかに理工学分野のことをしたかった。

体育大学でもよかった。

きっと「動かす」ことに興味のある子供だった。

運動力学。そう運動力学。

 

けれど、

「運動音痴め!」とか

「なんでこんな簡単な算数できねーんだよw」とか

「お前が触ったら、なに触らしても壊れんだよ!」とか

ほぼほぼ毎日性虐待の加害者だった兄らに言われ倒したので、

「やりたいこととできることは違う」を誤解した。

それは単純に、自分の心が弱かったんだと思う。

 

ただ、奴らには誤算があった。

筆者、すごくデスクトップアーティスト性が高い。

 

って、即興の造語だし

「なに言ってんだ」って思われても仕方ないかもしれない。

思わないと思う。筆者と同じレベルの文化生活が保障されてたら。

 

つまり、書いたり描いたり歌ったり座演したり、が

おおよそ得意で楽しみながら伸びていけるということ。

この辺なら学資はほぼいらない。

そして発表の場もそこそこにある。

 

けど、なんだか、「違う」と思ってしまう。

 

それはたぶん、筆者があまりにも

「違うものを経験し過ぎ」てきたからだと思うし

周囲だって、『使命』なんてクソッタレを筆者に押し付けるから、

うっかり「世界を救った女性運動家の暗殺」ってシナリオを

頭に焼き付けてしまって、

 

つまり、消費者意識を喚起するとか、そういうレベルで

プロダクトを企画したり、

あんまりに恐れ慄きすぎて、プロジェクトが進まなかったり

プロジェクトの進行の知識がなかったり(これは単純に学生時代の特性)

 

字数がない。

 

うん、だから即ち、IQ高かったらどうしよう。

それって死刑宣告じゃないか。

 

まあいっか。

物心ついてすぐ「起業しなきゃ」って思ったし。

ネットは変わったなあ(コミュニケーションと自己認識の失調)

なんつーかさ、ネットにバカが増えたってのは、
真に受けても支障のない情報だと思うわけよ

実際、そんな中でネット続けてて、マジモンのバカになった自覚はある

いや、バカそのものは悪くない。
むしろコミュニティによっては取り柄にもなるし。

でもさ、「バカになれない自分」がバカに交じって、
自己顕示し倒してる、この状況は由々しい。

マジで。
仕事ないし。

もっと違うことするためにネット始めたのに、
猫も杓子もSNSだもんね。

違う。
情報交換ツールを交流ツールにするな。
バカか。

どうせただ、ツールの使い方に拘泥して
時代に取り残されてる老害のたわ言だわよ

それと交流ツールとしても適応できちゃうバカのざれ言

マジで全然ツールをツールとして使えてない。
クズ。カス。ツールに人格変えられてる。ブス。

人間が嫌いなあたしだって、
気に入ってついててくれる人くらいいたのよ

病気だったから、統合失調症だったから仕方ないなんて
そりゃ仕方ないんだけど、あきらめる口実にはならないよね

そっちがその気ならと好きなことしてやるわよ、ターコ



営業トークに営業スマイル、磨きすぎて枕も軽々持ち運び


実践したことはないけど、資格試験の実技項目ほぼ満点


飲み会コミュニティに突っ込まれてなきゃ
ろくに人としゃべる機会も持てない短大でした。
どこの通信商業経済学科とは言わないけどさ。

なんつってね、売り物の価値を下げてんのは自分なのかもね
認めるわけにはいかないけど、認めないとね
「自分の人間性を売り物としか思ってないし、
 売り物を売り物と思えないバカもいる」事実

スタッフ研修中なのに
売り物の価値、高めすぎちゃって強盗に入られるみたいな
あーあるある

なんかよくわかんないけど

あそこで馴染んで無理イってないうちの母親ってホント何?

マジでなに?

それでいてあの環境だいすきなんでしょ?
えっやだきもちわるい

ホント、マジで人間ってロクな奴いねーわ

地味に心が壊れた四大1年の春。
気にかけて惚れ込みかけてた男性と女性がいて、
ゆれてる間に互いに付き合い出して
さらに1年経ったとかで愛の結晶を紹介してくれた時
完全に心が折れた。

この二人を責めたら、この罪のない子の生命はどうなる

そう思ったときに、あって然るべき毒気が抜けた。

今にしてみりゃ服薬で判断が鈍ってただけで、
双方とくに性的な魅力がないカップルなんだけれど、
副作用での当時68kgとかに加え、
諸般の事情で一般生徒との交流が持てなかった自分には
仲良くしてくれるだけでロマンチックなのだった。

四大時代のことは全く覚えていない。
部活動にくらいしか間に合わないほどの体調不良で、
その部活動にもまともに参加できず、
退部も慰留され、
綺麗な呪いの手紙もmixiでこっそり非難を受け
休学中も2日寝て
6時間をやっと起きていられるような生活だった。
たぶん。

とりあえず某こえで遊ぶコミュニティでしか
人と接する機会もなく、義務心でやっていた。

だからもちろん、馴染めもしない。

そして目覚めるとネットでいっぱいいっぱいの身に、
さらに襲いかかる父からの罵声。

「大学はどうした」
「俺だってそういうことがしたい」
「お前が自分の兄貴を誘惑したんだろう」

まあ、そんな環境での発症だったから、
自分が誰だかわからなくなっても仕方がない。

自分がないんだから、
何度犯されても責められても
そんなもの屠殺場の奴隷に何言ってんだ
買い上げて解放宣言してからほざけ

ってとこね

まー、もっとも。
高校生になるまでに
かなり人格は分裂してるんだと思う

小学生の時には薄々感づいていたし、
中学生の時にもスクールカウンセラーに助けを求めていたし、
それを虐待の事実を
強引に聞き出して言いふらした友人に
バカにされたりもして、
その友人とは最近まで交流があったわけで

クソったれだ。

これで人間を好きになれって方がどうかしてる。

でまあ、価値を下げた自分と、
価値を下げろと重圧をかける人間がいて、
とりあえず
「みんなのことを大嫌い大嫌い言ってる筆者」の方が大好き!
なんていう、ドMっていうか、
汚泥にまみれた言葉の中でしか生きられない、
なんつーか子供の成育によくなさそーな旧友がいて

交流の仕方が全く分からない

……ん、じゃあ、ない

それは、
そういうキラキラママに憧れてる
「筆者の中の誰か」の言い分でしかない

「自分」が現れた途端に距離を取られて、
相当やりづらい、と言ってる
モラハラスイーツ(笑)先輩が、
なんだかそこにいて、
新たなコミュニティで一定の地位にいて
もうなんていうか、大層迷惑している。

ていうか、
男と見りゃあたしのツレまで見境なしに色目使うのやめんかい
ファックオフ

あー
あー
あー

ま、いいや。
近所のおねーさんの再婚相談乗るの、
まあ、頭回せてイヤではない

はてなさんってすっごく敷居が高い

なんだか賢そうな人がやってるイメージのあるのが、はてなダイアリー

というかはてなブログと同じサービスだったのか。

違いが分からなくていつも使い始めるの断念していたのだけど。

さて、よそのブログサイトでも今一つ、こう、ウケないから負けって感じがするし、

SNSでやったらやったでトラブル続きな自己紹介。

今度こそできる。

生まれて初めて自己紹介ができる。わくわく。

 

解離性同一性障害って書くと、「またか」の感が強い。

ちゃんと言おう。使い古されたネタだと思う。

ただ、ネタじゃない。

というか、正確には解離性同一性障害って表現はできない。

だって検査結果まだ出てないから。

そんなふわふわした状態で生活している。

いや、生活できていない。

金は両親から借りている。

住まいも両親に家賃の負担をさせている。

通信費用も。

交通費も。

医療費も。

でも、この住まいは安全じゃない。

たぶんきっと。

実感はないが、たまに怯え倒して行政を動かす。5ミリほど。

5ミリってすごいな。

でも、標高何メートルから見上げた、どの雲の目測5ミリを言ってるんだろう。

 

というか、本当に『多重人格』なんだろうか、とは、自ら疑っている。

「そうに違いないかどうかは置いといて、困ってるんだ!」とも、自ら述べている。

 

なんだこれは。

正直、自分の行動に収拾が付けられない。

それでもいいのかもしれない。

だって問題が顕在化するし。

 

でも、問題は10年以上前から顕現し続けているのではなかったろうか。

たしか児童相談所に……。

なんだか思い出したくない。

 

それすら甘えだ、甘え。

だけれど、甘えて何が悪い。

常套句で行こう。

オチなんかはない。

話を落として、言いたいことが伝わっちゃったらどうする。

その感想に責任はとれるのか。

誰も、赤の他人が抱く感想だなんて言っちゃいない。

また収拾がつかなくなったら、一体どうやって、生命を維持するんだ。

 

きっと大げさではない。

警察も何度か動いてるし。

きっと助かる。

そしてきっと、安全な毎日にしては、脅しが効きすぎてるんだ。